洗顔

出典:ac-illust

毎日行う洗顔。あなたは肌をいたわって洗うことができているでしょうか。それとも、かえってダメージを与えてしまっていますでしょうか。

この記事にお越しいただいた方の中に「肌はチカラを入れてゴシゴシと洗う」という方はいないかと思いますが、一方で「正しい洗顔方法」というのはあまり実践されていないのも事実。

今回は、肌を痛めつけてしまうことなく汚れを落とす洗顔方法を確認していきましょう。

洗顔ではぬるま湯を使うのが正解

多くの人が徹底できないポイント。それがお湯の温度です。

お風呂に入るときに一緒に洗顔をすることが多いためか、常に40度くらいのお湯で洗顔を行っている方も多いのでは?

しかし、温度の高いお湯を使うと、肌に必要な油分までも流し去ってしまい、洗い上がりに乾燥が進んでしまうことも。一方で冷水では油分をなかなか落とすことができず、こちらはこちらで不十分です。

乾燥肌の人も脂性肌の人も、こうした洗い方は良くありません。

そのため、洗顔はぬるま湯を使うとベストなのです。体温よりちょっと低いくらい(30~35℃)を目安に温度を調節してみてください。

ぬるま湯を用意するのは手間に思うかもしれませんが、気持ちの面でも、丁寧に洗顔してみるのは結構良いものですよ。

洗顔料はしっかりと泡立てる

「朝は急いでいる」「いちいち面倒」という理由で、洗顔料をほとんど泡立てていない人もいます。

しかし、濃密な泡は肌の汚れを吸着して落としてくれます。泡立ちが弱いと、汚れを十分に落とすことが難しいのです。

上手は人は手を使ってきめ細かい泡を作ってしまいますが、慣れていない人は素直に泡立てネットを使いましょう。キャンドゥやダイソーなどの100均でも買えてしまうほど安価です。

クレンジングクリームで洗顔まで行うという手も

メイク落としと洗顔をクレンジングクリームでまとめて行うという方法もあります。この方法ならクリームなので肌のうるおいを奪いにくく、乾燥肌の人には特におすすめです。

さっぱり感はなくなりますが、しっかりとぬるま湯でクリームを落とせばベタベタ感はありませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

毎日のように行う洗顔だからこそ、肌に無用なダメージを与えてしまわないように注意したいですよね。

高級な化粧水でスキンケアをするのも良いですが、まずは洗顔のやり方から見直してみてはどうでしょうか。